高橋春夫さんの一輪挿し

pimonihoHP_00014陶芸家の高橋春夫さんご夫婦とアイリッシュセッターのボスケくんが来てくれた。
鵠沼の店によく来てくれたサーファードッグのピノくん家族のご友人で、
テラス席でくつろぐ精悍な2匹を見ているのが好きだった。
銀座の「野の花 司」さんで展覧会をされていて、一輪挿しをプレゼントしてもらう。
話が弾み10月にピモニホで個展をしてもらえることとなった。

天井に届く勢いで大きく枝をひろげ覆い被さる程に成長している
エバーフレッシュの枝を生けて、年期のはいった黒い棚の上に置く。
この上は夕刻ごろにオレンジ色に染まるので何か置きたいと思っていた。
エバーフレッシュは夜になると葉を閉じて寝むけれど
切った枝も葉を閉じ、朝にはぱっと手を開いたように葉をひろげている。

 

« »